矯正治療装置を装着中の患者様へ(治療日延期の場合)

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 矯正治療装置を装着中の患者様へ(治療日延期の場合)

新型コロナ感染予防対策の為、治療日が延期しても矯正治療は心配ありません。

ブラケット装置の方

 毎月1度ご来院いただき、ワイヤーやゴムの交換などで歯の移動を行っておりますが、当院で使用しているワイヤーのほとんどが、形状記憶合金(Ti-Ni合金)と言って、常に弱い力を掛け続けてくれる特殊なワイヤーです。その場合、数ヶ月空いてしまっても歯はゆっくり移動しててくれますので、治療の遅れはありません。ただ、ワイヤー固定のためのゴムが変色するかもしれませんが、次回まで我慢してください。ご自分でかけるゴムを使用の方は、しっかりかけていただけると治療が早く進みますので、ご協力をお願いします。

取り外しのできる装置の方:

 歯の移動の為のマウスピースやヘッドギアという首にベルトをつける装置など歯を移動させる為の装置を使用中の方は、お約束を守って毎日しっかり使用していただければ、診療の間隔が空くのは心配ありません。頑張って続けてください。

保定装置(リテーナー)をお使いの方:

 普段より3ヶ月に1度ほどのご来院となっている為、多少の予約日延期は何も問題ありません。指示通り忘れずにご使用くださいね。

 

 皆さん、お家にいる時間が多いと思いますが、間食などはなるべく避け、お口の中のお手入れと体調管理には十分お気を付けください。

院長 桑原 恵